小児歯科:フッ素の効果を教えてください。 - ホワイトニングなら盛岡市の審美歯科

金子歯科医院

Q&A

小児歯科:フッ素の効果を教えてください。

フッ素はどのように歯に働きかけるのでしょうか。

1.むし歯菌のはたらきを抑える
  歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)が作るむし歯菌の働きを弱め、歯を溶かす酸を作らないようにします。
  また、むし歯菌の栄養となる糖の取り込みをじゃまして、菌が歯にくっつき易くするためのネバネバな物質を作るのを抑えます。

2.歯を強くする
 1)歯の表面のエナメル質をかたく丈夫にします。
 2)エナメル質結晶の弱い箇所を修復し、より強固な結晶を作ります。
 3)歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着(再石灰化)を促進させます。

フッ素を塗ればむし歯にならないのかというと、そうではありません。
  フッ素の予防効果は
        フッ化物配合歯磨剤:15~30%(長期間継続使用50%)
        フッ化物歯面塗布  :30~40% (年2~4回程度)
        フッ化物洗口     :40~50% (永久歯萌出完了)
決して100%ではありません。
むし歯にならないためには毎日のきちんとした歯磨き、
むし歯にならないための食生活とフッ素はそれらを助けるための1つの処置と考えて下さい。

この記事を共有する

歯の黄ばみ・銀歯を解消したい方へ

盛岡市,盛岡駅の歯医者

4,000名以上の審美症例実績 初回施術特典あり 盛岡駅より車で8分 審美歯科に特化 駐車場完備

【特別価格】気になる黄ばみを白く美しい歯に

ホワイトニング(上下16本)

通常料金 32,400円(税込)→時間帯割引19,440円(税込)

【特別価格】ほうれい線・シワを今すぐ解消したい方へ

【半額!】ヒアルロン酸注入(1ml)

通常80,000円→40,000円(税込)